1. ホーム
  2. 仏壇
  3. ≫さまざまな宗教におけるご自宅祀り

さまざまな宗教におけるご自宅祀り

jitakumaturi-1

スポンサーリンク

霊舎(みたまや)-神道の仏壇

仏教寺院の檀信徒は、自宅で仏壇を飾ります。日本では、自分が仏教徒だという自覚がなくても、社会通念としてほとんどの方々が死者の供養の場として仏壇を設えてきました。

では、神道ではどうなのでしょうか。

神道では「霊舎」(みたまや)と呼ばれる祭壇を設えます。

霊舎とは、神道における仏壇の役割を果たすものです。

霊舎は、そのほかにも「祖霊舎」「神道壇」とも呼ばれます。特に「祖霊舎」という呼ばれ方が一般化しているようですが、日本各地の神社を包括する神社本庁では、それぞのれの家庭の中で先祖を祀る霊舎と、神社の中にある祖先を祭る施設としての祖霊舎とを、区別しています。

しかし、一般的な認識としては「祖霊舎」が広く普及しているようです。ここでは「霊舎」という呼称に統一させていただきます。

神道と仏教の似ているところ

神道と仏教で、作法の違いこそあれ、葬儀の流れで大きな違いはありません。仏式葬儀と神葬祭では、呼び名や細かい作法は違えど、全体の流れではそれぞれが呼応したような儀式を執り行っていきます。

  • (仏式)通夜 → 葬儀 → 出棺 → 火葬 → 初七日法要 → 精進落とし
  • (神式)通夜祭→ 葬場祭 → 出棺→ 火葬祭 → 帰家祭 → 直会(なおらい)

葬儀を終えて自宅に帰ると、それぞれ、仮の祭壇に位牌や遺骨や写真などを祀ります。

仏教では四十九日法要まで、神道では五十日祭まで、この祭壇で故人を祀り、それまでに仏教では仏壇を、神道では霊舎を用意します。

その後、仏教では百か日、1周忌、3回忌、7回忌と年忌法要が続いていきます。

神道でも、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭と年祭が続いていきます。

こうして、仏教であれ神道であれ、死者の霊は浄化されて神へとなっていきます。

仏教では死後何十年とかけて家族たちが、法事という形で供養をしていきます。死者の霊は長い時間をかけて、時間とともに浄化されていきます。そして、仏壇ではそれぞれの宗派の本尊(中心となる仏さま)を祀り、その次に位牌として死者を祀ります。仏壇の中心はあくまでも本尊です。

しかし、神道では神様を祀る神棚と、故人の霊を祀る霊舎を分けます。

神棚では、神宮大麻(伊勢神宮の神様)や自分たちが住んでいる場所の氏神様の札を祀ります。霊舎は神棚より必ず低い場所に設えます。仏壇が、本尊と先祖を同じ場所で祀る所を、神道では別の場所に分けるわけです。

霊舎の中心には霊璽という木の板を安置しますが、そこに書かれるのは諡号や生前の故人の名前などです。霊舎の中心はあくまでも故人なのです。

仏壇と霊舎も、構造はほとんど同じ

葬儀や葬儀後の法要が同じだとすると、仏壇と霊舎の構造もほとんど同じです。

お仏壇には従来の台付き仏壇や、コンパクトな上置き仏壇などがありますが、これは霊舎でも一緒です。上置きから台付きまで、また、価格や寸法や仕様もさまざまです。

いわゆる上置きと呼ばれるものは「箱型」で、中に神具を揃えるのですが、さらにコンパクトな「小型祖霊舎」と呼ばれるものもあります。分かりやすく言うと、仏教における厨子のようなものです。厨子とは、仏像や位牌を納めるための扉のついた仏具の事です。中に霊璽だけを納めることができます。

仏壇と霊舎の決定的な違いは、材質です。

仏壇が、唐木や(唐木の中でも、紫檀、黒檀、鉄刀木、屋久杉、欅などさまざまです)金仏壇のように表面を漆塗りで仕上げるものなどがあるのに対して、霊舎の材質は白木です。主に使われるのは桧や栓などです。

また、中で使われる神具も白木のものや白の陶器などで統一されています。

しかし、霊舎本体の構造はやはり仏壇に似ています。台輪と下台輪、欄間、扉、そして中の棚が三段構造であること、収納の場所など、それらのほとんどが仏壇を参考にして製造されていることが分かります。

また、家具調の霊舎も販売されています。白木に近い風合いを出すためにタモの木などを主材として用いるようです。しかし、「家具調」と謳ったところで、神具も白の陶器を基調としたものが並ぶので、「おしゃれ」と呼べるかどうかは疑問が残ります。

神具

霊舎で使用する神具はほとんど決まっており、デザイン的なバラエティは乏しいでしょう。神具は必ず霊舎の寸法を考えながら購入しましょう。

主な神具は以下の通りです。

〇神鏡

太陽を鏡で表していると言われています。三種の神器の八咫鏡を意味しているものと思われます。

〇神鏡台

神鏡を置く台です。

〇真榊(まさかき)

霊舎の左右に立てる祭具です。五色絹の幟を垂らして、その先端に榊を立てて、三種の神器(剣、鏡、勾玉)を引っ掛けます。向かって左の真榊には剣を吊るし、右には鏡と勾玉を吊るします。五色の絹は緑・黄・赤・白・青で、これは陰陽五行説による木・土・火・金・水を表しています。

〇灯篭

霊舎の中を明るく照らします。電気で灯します。

〇かがり火

ローソク立てのことです。

〇榊立て

白の陶器でできた榊を立てるための神具です。

〇三宝

白木製のお供え物を乗せる台です。お供えするときは半紙を敷きましょう。

〇皿

塩と米を載せてお供えします。

〇水玉

水をお供えします。

〇徳利

お酒を一対でお供えします。

霊璽

霊璽は神具の中でも特に大切なものです。仏教における位牌と考えればよいでしょう。葬儀後はとりあえず仮の霊璽を祀りますので、霊舎を購入する際には、寸法にあった霊璽を用意しましょう。

位牌と違って、さまざまな種類やデザインがあるわけではありませんが、シンプルな霊璽、鏡錦の覆いのついたもの、繰り出しの霊璽などがあります。

キリスト教の場合

死者は帰天してすぐに神の光の中に召されていきます。

そのため、キリスト教に先祖供養という考え方はありません。仏壇を用意して、位牌を置いて祀るというようなことは不要です。

しかし、それでも自宅で何か祈るものが欲しいと思われている方は、インターネットなどでは「家庭祭壇」と呼ばれる自宅用の祭壇が販売されています。十字架や聖画などを掲げます。

イスラム教

イスラム教の神であるアッラーは、「人間の五感では感知できない、この宇宙のすべてを創造し、森羅万象を司る無限な存在」とされています。

そのため偶像そのものが存在しません。先祖供養の習慣はありませんが、故人を偲ぶために遺影を置くようなことはあるそうです。

創価学会

創価学会はもともとは日蓮正宗の信者団体でした。そのため、礼拝供養の主だった作法は従来の仏式と似通っている部分が多いです。

ただし、創価学会では特権的立場にある宗教者による回向ではなく、友人葬として学会員全員で故人を送り出します。

仏壇は、学会専用の仏壇店が多くあるのでそれらを利用するのがよいでしょう。創価学会では本尊の法華曼荼羅を重要視しますが、学会仏壇ではその本尊の掛軸が収まるような厨子が、仏壇内部に内蔵されています。

スポンサーリンク