1. ホーム
  2. 葬式の費用
  3. ≫お葬式・葬儀の飲食接待費 料理、飲み物、返礼品

お葬式・葬儀の飲食接待費 料理、飲み物、返礼品

スポンサーリンク

お葬式に必要なさまざまな費用

お葬式を執り行うのにも実にさまざまな費用が必要となります。

それらは「飲食接待費」「寺院の費用」「葬儀一式の費用」の3つに大別することができます。

「飲食接待費」…通夜の料理、葬儀後の料理、飲み物代、返礼品など

「寺院の費用」…お布施、お膳料、お車代など

「葬儀一式の費用」…祭壇、棺、ドライアイス、搬送費、納棺備品、人件費など

今回は、その中でも「飲食接待費」の料理編です。

飲食接待費とは、料理+飲み物+返礼品

その文字だけ見ると、食べ物や飲み物による接待の費用のように思われますが、会葬者へのおもてなし費用と考えるのがよいでしょう。料理代、飲み物代と合わせて、返礼品もこの項目に含めるべきでしょう。

会葬者の数によって、ふるまう料理や手渡す返礼品の数は変動します。飲食接待費は数量変動項目なので、見積もりと実請求が異なることが多いです。見積もりの段階で、葬儀担当者の割り出す会葬者の予想がどれだけ信憑性があり、それに対してどれだけの料理や返礼品の用意が可能か、きちんと確認しておきましょう。のちのちのトラブルのもとになりかねません。

飲食接待費は、家族葬であれば計算が立ちやすいです。会葬者の数が予想より大幅にずれるということがないからです。広く訃報を流す際は予想が大幅にずれることもあります。少なく見積もって会葬者に迷惑を掛けてしまったり、逆に大きく見積もってせっかく用意したものを無駄にしないように、充分に気をつけましょう。

通夜ぶるまいは関東と関西で異なる

関東ではお通夜のあとに会葬者に料理やお酒をふるまいます。関西ではこの慣習がありません。

お通夜の中で焼香をします。喪主、親族、会葬者の順に行い、喪主や親族は自席に戻りますが、会葬者は焼香が済むと「お清め」(通夜ぶるまいのこと)の席に案内されます。料理の品目は、寿司、煮物、オードブルが一般的です。立食座食それぞれの形があり、軽く口にしてから会館をあとにします。大人数の会葬者の場合は大盛況となり、関東の葬儀独特の光景と言えます。

葬儀担当者としては、予想に反して会葬者が多い時の追加発注が難しいものです。

喪主は通夜に参列しているわけですから、すべてを自分自身で判断しなければなりません。このあたりは、当日の人の流れ、席数と回転の速さ、そして経験と勘で、追加発注します。発注してから何分で料理が届くか、通夜開式何分から焼香が始まって何分後に満席になるか、お客様の予算がどの程度か、などを総合して、瞬時に判断しなければならないわけです。追加が早すぎると人の流れを見誤ってしまい、遅すぎるとテーブルの上に料理がなく、帰宅されてしまう。関東の葬儀屋さんにとって通夜ぶるまいの追加発注はとても神経を使うのです。

料理の内容

通夜の料理は、寿司、煮物、オードブルなどの大皿料理を大勢で摘まみます。

出棺後の料理(精進落とし)は懐石料理を並べるのが一般的です。

精進落としとは本来は、四十九日の忌明けに精進料理(肉や魚などの生臭を殺生することなく、野菜や穀物を用いた料理)から通常の料理に戻すことを指します。昔の人たちは四十九日の忌明けまで、肉や魚を断ったわけです。現代の精進落としとは、葬儀後の会食の席のことで、連日参列いただいた宗教者や親族をもてなします。5000円前後が相場です。

通夜ぶるまいでも精進落としでも、キャンセルはできませんが、追加は対応してもらえるはずです。少しだけ控えめに発注しておいて、実数分だけ追加発注するという方法が賢いでしょう。そのあたりは葬儀屋さんにしっかりお願いしておきましょう。

飲食接待費とは参列いただいた方々へのおもてなしの気持ちを形に代えたものです。身の丈に合った上で、会葬者に喜んでいただける内容を考えましょう。

飲食接待費の返礼品編

返礼品は飲食するものではありませんが、会葬者へのおもてなしという意味で取り上げてみます。

2つのお返し 会葬御礼と香典返し

お葬式に参列すると、受付の時に、あるいは焼香後に、あるいは会館から帰宅するときに、返礼品を手渡されます。

これらの品物は実は2つあります。会葬御礼品と香典返しです。

○会葬御礼品

読んで字のごとく、お葬式に会葬していただいたことへの御礼品です。そのため、会葬者全員に手渡されます。また、会葬御礼品には会葬礼状が添えられています。

○香典返し

読んで字のごとく、香典に対しての御礼品です。受付で香典を提出した人のみに手渡されます。直接渡されたり、引換券を用いたりします。

2つの香典返し 後返しと即日返し

このように、喪主が会葬者に手渡す(実際には喪主に代わってお手伝いや葬儀社スタッフが配ります)品物には会葬御礼品と香典返しとがありますが、香典返しにも主に2つのお返しの仕方があります。後返しと即日返しです。

○後返し

香典返しの御礼品を後日改めてお渡しする方法です。従来はこの形が一般的でした。

包んでいただいた香典の額に対してお返しの商品を決め、四十九日法要後に発送します。忌明けの法要を無事に済ませた旨を連絡する役割をも果たしていたために「満中陰志」としてお贈りします。

満中陰志とは、四十九日の忌明けを迎えて死者が成仏したことの感謝の印、と言った意味でしょうか。

「中陰」=仏教語で、死後四十九日間、死者があの世とこの世の間をさまよう期間。

「満中陰」=四十九日を経て中陰が満ち、死者があの世で成仏すること

「志」=贈答品ののしの表書きなどで用いられる。感謝の気持ち、の意味。

○即日返し

香典返しの御礼品をその場でお渡ししてお持ち帰りいただく方法です。遺族の手間の合理化と、葬儀社の利益上昇の観点から生まれた方法です。

香典返しは通常包んでいただいた香典の額に合わせて商品を選びますが、即日返しの場合は品物を一律にすることが多く、高額の方のみ後日改めてお返しします。また、地域によっては受付の段階で係の者が香典の中身を確認して、金額に見合った品物を手渡すこともあります。この場合は事前に何種類かの金額別の品物を用意しておかなければなりません。

後返しか、即日返しか

それぞれのメリット(○)とデメリット(●)を以下にまとめました。

後返しのメリットとデメリット

○葬儀の時は会葬御礼の品物だけ用意すればよい

○香典の額に見合った品物を選べることができ、贈り先の方の人柄や環境に合わせて1つ1つ品物を選べることができる

○四十九日の法要の報告をすることができる

  • 葬儀後にリストの作成、香典額の照合、商品の選定などに手間をとられる
  • お返しが2回に分かれるので負担が増える

即日返しのメリットとデメリット

○葬儀の日にまとめてお返しができて、楽だ。

○1度にお返しすることができるために経済的だ

○葬儀後の手間が省くことができる

  • お返しする商品が一律になってしまう
  • 四十九日の法要の報告をする場がなくなってしまった。

丁寧なお返しの仕方は、たとえ手間でも後返しでしょう。ただ葬儀社は即日返しを勧めてくるでしょう。それらもそっくり、ギフト屋さんに流れることなく葬儀社の売り上げになるからです。

選ばれるもの

会葬御礼は本当に簡単なものです。お茶やハンカチなど、500円から1000円くらいのものがよく選ばれています。

会葬礼状と清め塩を添えられます(浄土真宗での葬儀の場合は、教義に則って塩を配りません。代わりにその説明書きを同封することが多いです)。

香典返しは、タオルやお茶やお菓子や食器など、さまざまなものを選ばれます。金額相当のカタログをお送りして好きなものを選んでいただくという方法も人気があります。

スポンサーリンク