1. ホーム
  2. 葬式の準備
  3. ≫葬儀における湯灌と納棺

葬儀における湯灌と納棺

湯灌(ゆかん)と納棺は、葬儀に臨む前に行われる儀式として昔から全国各地で行われてきました。

湯灌とは、納棺に先立って故人様の身体をきれいに清める儀式の事です。 納棺とは、読んで字のごとく、ご遺体を棺に納める儀式の事です。

棺とは死者を納める容れもので、もともとは生者の目に直接触れないため、そして死者を墓地まで運ぶ運搬具として、村内の葬式の手伝いの人が作って用意していたようです。

死者の亡骸を棺に納めることはかつて生きていた者を死者として認識する瞬間でもあり、通夜や葬儀以外にそれらを儀式化することは、死の受容と、亡き人への弔意を表してきたものだと思われ、それほど大切な行為であることが伺えます。

現代においても、湯灌と納棺は大変意義深いものだと思います。

通夜・葬儀という儀式は葬儀場に祭壇を設えて、導師や弔問客を招いて執り行われる宗教的・社会的な儀式です。喪服を身にまとい、慣れない数珠を左手に持ち、遺族は否応なく緊張を強いられます。

湯灌や納棺は通常故人から近い遺族親族だけで執り行われます。そして自らの手で故人様の肌に手を触れて旅支度をして差し上げます。故人様とゆっくり向き合うことのできる、そして故人様の身体に触れることのできる、大変貴重な時間なのです。

スポンサーリンク

湯灌

湯灌とは、納棺に先立って故人様の身体を清める儀式です。

昔は盥に沐浴させていたようですが、最近では「拭き湯灌」が一般的です。アルコールに浸した清浄綿や盥の湯につけた布などで、故人様の顔や手を拭いて差し上げます。

ただし、最近では病院で亡くなる方が圧倒的に多く、看護師による死後処置を「最後の看護行為」として捉えられ、ほとんどの場合病院で清拭をしてもらえ、これを湯灌として考えることもあるようです。

死装束

死装束(しにしょうぞく)とは死者が湯灌のあとに身に着ける衣装のことです。

白の帷子、手甲、脚絆、足袋、頭陀袋、天冠(額に当てる三角布)、頭陀袋(中に三途の川の渡し賃の六文銭を入れます)、草履、笠、杖などを身につけます。

これらは旅の姿で、お遍路さんの姿を思い出してもらったら分かりやすいでしょう。仏教では死を冥土への旅立ちと考えますが、浄土真宗など、教義として旅立ちとしての死を認めてない場合はこれらの装束を着せないこともあります。

また、神道の葬儀では白の小袖に手に笏持たせて、神職に似せた恰好にして差し上げるなど、宗教によっても死装束は異なります。

本来は袖を通して着せていたのですが、最近では病院での清拭を湯灌としているために、手甲や脚絆や足袋など、身に着けて紐で結ぶという簡易的な旅支度だけにして、あとは布団の上から掛けるだけという方法が多くなりました。

納棺

納棺とは、ご遺体を棺の中に納める儀式です。

映画「おくりびと」が話題になりましたが、納棺師の仕事を忠実に再現している優れものの映画なので、興味のある方は是非ご覧ください。

死に装束は納棺に先立って行われるものですが、先にも書いたように、最近では略式の湯灌や死装束が多く、ご遺体を納棺した上に帷子などを掛ける方法が増えています。

湯灌師や納棺師を手配する

より丁寧に故人様をお見送りしたい方は、さらに専門的な技術を持つ湯灌師や納棺師のサービスを希望したらよいでしょう。

湯灌師による「シャワー湯灌」では浴槽を自宅や建物の中に搬入して、肌が見えないようにしてご遺体をシャワーできれいにします。シャンプーや髭剃りや爪切りなどもしてもらい、排水も車輌内のタンクに引き込むような仕組みになっていて、家の中が汚れる心配はありません。

死化粧もするとしないでは大違いです。頭髪を整え、髯を剃り、男性の場合は肌につやを戻し、女性の場合はその上に生前の姿に近づける自然なメイクを施します。ご逝去時の、闘病の疲れなどでやつれてしまった表情が見違えるようになるため、喜ばれる遺族の方も大変多いようですので、利用の価値ありです。

ただし、ほとんどの葬儀社ではこれらのサービスは有料オプションになっています。詳しくは葬儀社に相談てみましょう。

副葬品

故人様の愛用されていたものを納めて差し上げましょう。ただし原則可燃のものに限ります。また、死装束の上から故人様が着用していた服を掛けることもあります。

湯灌や納棺はいつするの?

いつするかはお葬式の流れやご遺体の状況などの状況によって異なります。寺院の枕経が終わったらすぐということもありますし、通夜当日にすることもあります。

また、場合によっては前もって納棺を済ませておくこともありますので注意しましょう。

ご遺体に触れてみよう!

葬儀社や納棺師主導で儀式は進められますが、どこかのタイミングでぜひご遺体に直に触れてみてください。ご逝去の直後だとお肌はまだ生温かく、病状によっては細く痩せこけていたり、むくんでしまっていたり、さまざまです。ドライアイスの手当のあとのお肌は、冷たく凍ったように硬くなってしまっています。

ぜひ、ご遺体に直に触れていただきたいと思います。

湯灌や納棺は、故人様の身体を自分の手で清めて、納棺して差し上げる。家族だけが故人様を囲むことのできる最期の時間であり、とても崇高な儀式なのです。あなたの手で、故人様の旅の支度してあげましょう。

スポンサーリンク